クレイへの想い

「想いを伝える」から
「想いを受け渡す」へ

クレイフラワーを差し上げるきっかけは、お世話になった方達へ「ありがとう」という気持ちを伝えるためでした。お渡しするたびに、皆さんがとても喜んでくださるので、もっとたくさんの方に喜んでもらいたいと考えるようになりました。そんな時、とある方からクレイフラワーのキャスケード制作のご依頼がありました。「まきこさんのクレイフラワーで気持ちを伝えたい」と。当時の私にはとても大変な制作でしたが、誠心誠意ご対応させていただきました。後日、お渡しした方だけでなく周りの方からも感動のお言葉を頂き、驚きと嬉しさがこみ上げました。その出来事があってから、自分の想いを伝えることだけではなく、人の想いをクレイフラワーという形にして、お相手にお渡しするということが出来るんだと気づきました。私がクレイでものづくりをする意味はそこにあると思っております。

コンセプト
「クレイを通して
想いの橋渡しをする」

生きている
作品づくり

クレイで作るフラワーは生花と違い、ずっと咲き続けることができます。クレイにいのちを吹き込むことで、花たちはいつも皆さまに癒しをご提供することができます。心を和ませるクレイ作品をご堪能ください。

色づかいへの
こだわり

クレイは赤、青、黄色の三色があり、そこに白や黒を混ぜて色を作り出します。どんな色も作り出せるからこそ、色合いのバランスにはこだわりを持っています。色のクオリティにこだわることで、見ている人の心が癒されるのです。

想いを伝える
伝達者

お友達、恋人、パートナー、家族…などなど、想いを伝えられるようなクレイフラワーを制作いたします。渡す方の想いをのせて、世界に1つしかないクレイフラワーをお届けするお手伝いをいたします。

Bridging thoughts through clay

トップへ戻るボタン